不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 
 
重い生理痛を抱える女性に冷え性の人が多いと言われるように、生理痛にはその人の体質が深く関わっています。そのため、病院でも薬ではなく、体質改善のための漢方やビタミン剤を勧めることがあるそうです。一般に、下記のような体質が生理痛と関係していると考えられています。  
   
* *
 
*
 
「冷え」と生理痛の関係にはいろいろな考え方があります。
ひとつは「冷え」が血流を停滞させることで、血液と共に運ばれていた酸素や栄養分が全身に行き渡らなくなり、子宮や卵巣をはじめとするあらゆる内蔵の働きが低下することによるものです。その結果、生理痛をひき起こす「プロスタグランジン」のようなホルモンが過剰に分泌される、子宮内膜が剥がれにくくなる(生理とは子宮内膜が剥がれ落ちる現象)など、さまざまなトラブルが起こり、痛みにつながると言われています。
もうひとつは、「冷え」によって全身のいたるところでうっ血や血の閉塞、血の凝固が起こることによるものです。生理の出血が体外へスムーズに押し出されなくなってしまって、痛みが増すと言われています。
また、漢方の世界でも「冷え」は血流停滞のあらわれ、血に関連するトラブルを招く原因と見なされ、女性の場合であれば、生理痛や生理不順につながると考えられています。
全身にくまなく血が巡る体をつくることは、生理痛改善の最大のポイントと言えるでしょう。


過度の「ストレス」は自律神経のバランスを乱す原因となります。その自律神経をコントロールしている器官が脳の視床下部と呼ばれるところですが、ここはホルモン分泌の司令塔でもあるため、自律神経が乱れてしまうとホルモン分泌にも影響が出てしまいます。結果、様々なホルモンの分泌バランスが崩れ、生理痛をひき起こす「プロスタグランジン」のようなホルモンの過剰分泌や、痛み物質の大量放出につながることが考えられます。


体温が35.5度前後の状態を「低体温症」と呼びます。「低体温症」の人は健康な人に比べて新陳代謝が悪く、一説には約60%前後の新陳代謝しかできていないと言われます。免疫力も低く、疲労物質が溜まりやすい状態であり、そういった小さな不調が生理痛を起こしたり、生理痛を悪化させたりしている可能性が考えられます。
また、「冷え」同様、血流停滞のあらわれでもありますので、生理痛のない体になるための重要な改善要素だと言えるでしょう。


便秘は下半身の血流を停滞させる原因になると言われており、生理痛をひどくする要因につながることが考えられます。


疲れやすかったり、怠さを感じる原因のひとつに「酸性体質」が挙げられます。人の体質は、血液や体液が酸化している「酸性体質」とアルカリ化している「アルカリ体質」に分けられ、健康を保つためには「弱アルカリ性」の状態が望ましいと言われます。ところが、食生活や生活習慣の影響から体が酸性に傾いてしまうと、血液がドロドロになり、生理の出血がうまく排出されず、生理痛を悪化させる原因になってしまうことがあります。

他にも、肩こり・めまい・不眠・貧血・低血圧といった小さな不調が、生理痛の発生や悪化につながっていることがあります。ここにご紹介しているのはほんの一例です。
 
*

今はこうした不調をいくつも抱える方がとても多いと言われます。ウェルネス研究所では、その最大の原因が現代社会という環境がもたらした体の質の低下にあると考えます。私たちは口にする食べ物には食品添加物という有害物質が、私たちが使う日用品には日用品には環境ホルモンという有害物質が含まれています。また、1歩外に出れば大量のストレスが降り注いできます。少量なら人体に問題はないと言われる有害物質も長い年月をかけて蓄積されれば、体の質を低下させる要因になります。さらにはそこから、さまざまな不調があらわれ、生理痛の発生や悪化へと発展していってしまうのです。
本来あるべき健康な体質を取り戻すことは、生理痛のない健康な体を手に入れる大きな1歩だと言えるでしょう。

 
 
 
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute