不妊症・生理・女性の悩み・ウェルネス研究所 元気な赤ちゃんを授かるための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理痛をなくすための方法と基礎知識・お役立ち情報 生理周期のバラツキや無月経を改善するための方法と基礎知識・お役立ち情報 更年期障害を改善・軽減するための方法と基礎知識・お役立ち情報 ウェルネス研究所 サポート内容
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
相談無料 女性カウンセラーがお答えいたします!
ウェルネス研究所 サポート内容
生理の状態からあなたを診断
Dr.Wellnessのからだチェック

*
 
 
 
そういった方々が、体にムリのない方法で生理痛が起こらない体へ変われるようにバックアップさせていただくのが私たち「ウェルネス研究所」です。  
特別な原因がないのに起こる生理痛を「機能性生理痛」と呼び、原因としてはプロスタグランジンというホルモンの過剰分泌が指摘されています。プロスタグランジンは生理のメカニズムには欠かせない重要なホルモンです。生理の時に子宮内膜から分泌され、子宮の収縮を起こします。これによって子宮内にたまった生理の出血が体外に押し出されるのです。ところが、分泌量が多過ぎると必要以上に子宮が収縮してしまい、激しい生理痛を引き起こします。プロスタグランジンは本来、出産時に大量に分泌されて陣痛を起こすホルモンです。過剰に分泌されている場合は小さなお産が起こっている状態とも言え、人によっては、激しい痛みや苦しみを感じることもあるでしょう。
また血流が悪い場合も、骨盤内のうっ血を招いたり血液の粘性を高めたりして、血液を排出しにくくし、生理痛を悪化させる原因になると言われています。こうした体質的な問題が重い生理痛につながっていることは、多くの医師や専門家によって指摘されています。
そこで私たちがご提案しているのが、「ホルモンが正常に分泌されるように、生理の出血がスムーズに排出されるように、体の中を良い状態に変えていく」という『体質改善』です。血行促進・代謝促進・免疫力強化など、体の質を向上させることによって、ホルモンバランスが整った体、生殖器官が活発に働く体をつくり、生理痛の根本的な解消を目指します。
 
 
 
*
| HOME | 不妊症の悩み | 生理痛の悩み | 生理不順の悩み | 更年期障害の悩み | サポート内容 | 生理・体チェック |
Copyright© 2001 Wellness Research Institute