婦人科でよく使われるお薬の豆知識 【 黄体ホルモン剤 】

 
*
黄体ホルモン剤の豆知識

排卵誘発剤の豆知識
卵胞ホルモンの豆知識
卵胞ホルモン・黄体ホルモン混合製剤の豆知識
高プロラクチン血症排卵障害治療剤
子宮内膜症治療剤の豆知識
黄体ホルモン剤の豆知識
*
おすすめリンク集
*
べびくる
多嚢胞性卵巣症候群にお悩みなら
PMSにお悩みなら
*
*
 
 
薬の豆知識
黄体ホルモンは、子宮内膜の成熟を促すほか、子宮筋の緊張を緩和したり乳腺を発達させるなど、妊娠の準備と維持に欠かせません。また、男性ホルモンの作用を抑える働きもあります。
薬の豆知識
製品・規格によって異なりますが、次の疾患や症状に使用されます。
1.無月経、月経周期異常。
2.月経量異常、月経困難症、機能性子宮出血
3.切迫流早産、習慣性流早産。
4.黄体機能不全による不妊症。
5.卵巣機能不全症。
6.子宮内膜症、月経周期の変更、前立腺肥大症。

製 剤 名 製 品 名
アリルエストレノール製剤
アペゼール
アランダール
アリルエストレノール
アロセリン
エルモラン
コバレノール
サルミコール
デカセリン
パーセリン
プロスコ
ペリアス
メイエストン
酢酸クロルマジノン製剤
アプタコール
ヴェロニカ
エフミン
キシリノン
クロキナン、L
ゲシン、L
サイテラス
サキオジール
酢酸クロルマジノン
ジルスタンL
パパコール
プラクサン
プレストロン、L
プレニバール
プロコサイド
プロスタール、L
プロスタット
プロターゲンS
メドンサン
ルトラール
ルナピラン
レコルク
ロンステロン
酢酸メドロキシプロゲステロン製剤
ヒスロン
プロゲストン
プロベラ
メドキロン
ジドロゲステロン製剤 デュファストン
ノルエチステロン製剤
ノアルテン プリモルトN
副 作 用
1.発疹などの過敏症状
2.肝機能検査値の異常、黄疸など
3.むくみ、体重増加、高カルシウム血症など
4.食欲不振、吐き気などの消化器症状
5.頭痛、眠気、めまい、抑うつなど
6.倦怠感、発汗、発熱など
7.不正出血、月経異常、おりものなど
8.乳房の張りや痛みなど
9.動悸、血圧上昇など
10.高血糖、尿糖など
11.男性の女性化乳房、性欲亢進・減退、勃起力低下など
12.貧血、白血球の減少
13.中性脂肪の上昇
14.BUNの上昇
15.子宮内膜の肥厚など
16.視覚障害、声のかすれ
重大な副作用
1. 脳や心臓、四肢などに血栓症があらわれたり、うっ血性心不全が起こることがあります。
2. 外国において、乳頭水腫が見られたとの報告があります。

*
| HOME | サポート内容 | 体験談ご紹介 | からだの豆知識 | くすりの豆知識 | 管理栄養士の栄養講座 | 生理・体チェック | 男性不妊情報
Copyright© 2001 Wellness Research Institute